欧州サッカー スペインとドイツ

欧州サッカー

欧州はサッカーが特に優秀なイメージがありますが、その中でもスペインとドイツは強豪国として名前が知れ渡っている国です。

スペインは全国リーグであるリーガ・エスパニョーラや全国カップのコパ・デル・レイを主催しています。スペイン代表はFIFAワールドカップで1回、UEFA欧州選手権で3回優勝しています。スペインには有名なクラブチームも多く、FCバルセロナやレアルマドリード、バレンシアなど名だたるチームがあります。有名選手もたくさんいて、ペドロ・ロドリゲスやマルコス・セナなどがいます。

フットボール

ドイツにはサッカー・ブンデスリーガというプロサッカーリーグがあり、観客動員数世界第1位を誇ります。クラブチームにはバイエルン・ミュンヘンやボルシア・ドルトムントなど世界に名をはせるチームが所属しています。ワールドカップでも常に上位にいることが多い国で、過去4回優勝しています。ドイツの有名選手といえば、ベッケンバウアーやオリバー・カーンなどがいます。

ドイツは日本人選手も多く所属しており、2010年以降には長谷部誠や香川真司、内田篤人が活躍して、日本人進出の機会が大幅に増えました。これからも日本人の進出が期待されているサッカー大国なので、目が離せません。

攻撃的なサッカーをするスペイン

スペインサッカー

スペインは欧州の中で攻撃的なサッカーを行う国の代名詞として使われるほど攻撃を重視しています。その根幹にあるのはポゼッションで、ボールを保持することで自チームに多くの得点チャンスが生まれ、逆にボールを保持していれば相手が得点チャンスを生み出すことはないという考えのもと、個人技に長けた選手を積極的に登用しているのです。

たとえば、通常のサッカーではディフェンダーに求められるのは守備力です。しかし、スペインのディフェンダーはボール回しに参加できるテクニックが求められます。これは、中盤でボールを回しているときに相手選手がプレスを掛けてきたらディフェンダーにパスを出すことになりますが、そのときに足下のテクニックが無ければロングボールでクリアしてしまい、ボールが相手に渡る可能性が高くなってしまうからです。

そういったことを防ぐために、ディフェンダーは相手のプレスを受けながらも確実に味方にパスを出す技術が必要なのです。また、スペインのサッカーを行うためにはテクニックだけでなく戦術理解力も必要になります。パスを出した後に自らが動いてパスコースを作り、瞬時にゴールまでの道筋を導き出せる選手が重用されるのです。

サッカー王国

ブックメーカー対象リーグ

リーガ・エスパニョーラとドイツのブンデスリーガは、セリエAやプレミアリーグと同様に、すべてのゲームにブックメーカーがオッズをだしています。シーズン前には優勝予想のオッズもあります。リーガ・エスパニョーラの場合はレアルとバルセロナに予想が集中するので、2強のオッズは低くなります。

ブンデスリーガはバイエルン一強なので、バイエルンのオッズが低くなっています。バイエルンの対抗クラブは香川選手が所属するドルトムントになるのですが、バイエルンとドルトムントのオッズの差は大きくなります。南米よりも欧州の方がブックメーカーは盛り上がります。

アジアでは欧州や南米と比較するとブックメーカーは浸透していませんが、徐々にですが認知度も上がり、賭けるサッカーファンが増えてきています。ブックメーカーに賭けながらゲームを観戦すると、いつもよりも集中して、熱くなりながらサッカーのゲームを楽しむことができます。

日本でも人気が上がることが予想されるので、先取りしてブックメーカーをやってみるのもいいでしょう。
やり方は非常に簡単なのですが、まったく知識がないようでしたら、こちらの「サッカー ブックメーカーの手法を完全サポート」を読んでみてください。
ブックメーカーはとても面白く、新しいサッカーの楽しみ方になるでしょう。